管理画面
sigh(サイ)・・それは「溜息」を意味する言葉、毎日を溜息と共に黒ラブCINDYとすごすCINDYMOMの日記的Blog・・
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
シンディと暮らし始めて7年半・・
いつもその時々の年齢で心配や悩みがあったけど
やっぱり今は「エイジング」とその先にある事・・

そんな私とシンディのお手本となってくれる先輩たちの中で
手厚い介護といっぱいの愛情を注ぎつつ
かわいいワンコ息子さんと暮らすyukoさんのブログ
ねぇ、お散歩に行こうよ!」は毎日覗くのが楽しみで・・・

でも、昨日は違った・・涙があふれてとまらなかった・・
お兄ちゃんワンのウィリー君がお空に行ったから・・
16歳・・ほんとにがんばってママとパパと弟ワンのブラッキー君に
たくさん沢山寄り添ってくれたやさしい子・・

折りしも
↓この本を週末にでも手に入れて読もうと思ってたところで・・
spartner.jpg
(江原さんの愛犬もラブラドール♪)

この先必ずシンディは私よりも早くお空に行くことは確か・・
でも私はシンディとず~っとずっと、どんな風でもいい・・繋がっていたい。

だけど・・
姿が見えないと、匂いがしないと、なでることができないと
ほんとにもういないんだと絶望しそうで・・
「そんなことないよ、繋がっているための方法はあるよ・・」と
この本が教えてくれそうで・・

早速読んでみようと思う・・
今きっと、
虹の橋をてくてくと・・
振り返り振り返り歩いているであろうウィリー君を思いつつ・・


ウィリー君の冥福を祈りつつ・・・


ご意見ご感想はコメントまたはBBSへ~♪
 BBSには写真もはりはりできますよん♪)

          ***ご協力をお願いします***
     ラブラドールを中心とする保護活動をなさっている
       「ハッピーラブズ」をどうぞご支援ください・・
     あなたの家のワンコの幸せを・・保護ワンコにも!

       寄付金付きトートバック発売中♪  

 

 
Comment
 

りょうすけの姉さん~♪

りょうすけくんの百ヶ日・・読ませていただきましたよ~♪
ちゃ~んと「残り香」をおきにきてくれたんですね~りょうすけくん♪
ほんとに律儀でよく出来たワンコのりょうすけくん・・
ちゃぁ~んと天国にいけているからこそ折に触れ
姉さんのところに里帰りもできるんでしょうね・・♪
いずれ、必ず訪れるその時がまだぜんぜん現実味をおびないからこそ
「あれやこれや」と考えてしまって、
今目の前からシンディがいなくなってしまったらと極論を想像してしまって・・
自分がどうにもならなくなるような気がするんでしょうねぇ・・
どのワンコにもどの飼い主にもそれぞれのそのときの迎え方があって
それをちゃんと受け入れていかなければならないな~とは思っても
元気なシンディをみているとそれが想像できないだけに、
「恐怖感」だけがやみくもに大きくおそってくるんですよぉ・・
でも、シンディというワンコを最後までつつがなく健康で幸せにする努力をすること!
それだけを忘れなければ、きっと私なりの解決方法があると今は信じています~
りょうすけの姉さんやウィリー君のママが最後の時までそれぞれのワンコを
お医者さんよりもずっとわかってお世話をしてきた姿をブログで拝見させていただいて
まえよりずっとずっと、私より先に逝かせるべき命に正面からむきあおうと思える
今日この頃です。
ブログや本・・そしてなによりネットのオンオフを問わずお友達がきっと私を
支え救ってくれると思うと・・あとはシンディと楽しく過ごす・・それだけをひたすら
追求していけばいいんだな~と思えます・・

NAME:mom | 2007.10.15(月) 22:24 | URL | [Edit]

 

ウィリー君のご冥福をお祈りします。
安らかにお眠りください。

私も自分がいつも見ているブログのワンコが亡くなるとダメージ
が強すぎて立ち直れなくなります。
りょうすけが亡くなった時はそれまでの介護の妙な達成感がある
せいかペットロスにもならずに現在に至ってますが。
多分自分の愛犬は始終見てるから「もうダメだな」と言うのがわ
かるので心のどこかで整理がついていて意外に冷静なんです。
よそ様のワンコはブログを通してしか見ないからお迎えが近いと
わかっている子でも訃報を聞くと寝耳に水状態でダメージが大き
いのです。以前、1週間の間にお気に入りのブログのワンコが
5頭もお星になったことがあって、その時は落ち込みました。

シンディちゃんとの別れが来た時にmomさんが絶望してしまうか
どうかは私にもわかりません。かなりの個人差があるし、亡くなる状態によっても違ってくると思いますから。
「後悔しないように全力で世話をする」ことが一番だと思います。
嫌というほど世話をしておくと、将来お別れした後も過去の思い
出がたくさんあるから毎日語っていても飽きません(笑)
なんか茶化しているみたいですがホントですよ~。
我が家は何かにつけて「りょうすけはこんなことしてたよね~」
と毎日語ってますから。天候の変化ひとつでもりょうすけの話題
につながります(^^)
momさんが江原さんの本を通じて何かを得られればいいですね。
私もその本の存在を先日知りました。
ちょっと見てみようかな♪

なんかヘンなコメントですみません・・・。
あ、りょうすけは10月12日で百カ日を迎えました。
もうあれから100日です。早っ!!

NAME:りょうすけの姉 | 2007.10.15(月) 21:34 | URL | [Edit]

 

くーみんさん・・

ご事情があってワンと暮らせないくーみんさんだけど・・
きっと道端で散歩中のワンはくーみんさんに嬉々として駆け寄るでしょぅ??
ワンはほんとに自分たちを思ってくれるヒトがわかるんです!♪
だからきっと・・くーみんさんが大好きだったブログのワンちゃんは
時々ふっ・・っと風のようにくーみんさんに駆け寄っていると私は思います・・
ワンコは大好きなヒトが悲しむのが嫌いだそうです。だから、くーみんさん!
ぜひぜひ!涙をぬぐって、少しにっこりして、「いつもみてたんだよ~」と
話しかけてみるといいかもです!
とっても難しいけど、いろんな本や資料を探し漁る私の行為はいわば
今くーみんさんに書いたようなことをシンディのそのときが来たらハハとして
できるだけ実践したい・・その気持ちからなんです・・
泣いてると「どうしたの?」とあのじゃじゃ馬シンディがよりそってくれるんですよ~
だから、私はシンディを心配させないためにいろいろがんばらねばなりません!
江原さんの本も、役所のパンフレットもしっかり自分にいいきかせるために
役立てたい・・そんなふうに思っています・・
くーみんさんの大好きだったワンちゃんのご冥福・・心からお祈りします・・
やっぱり私も泣けてきちゃいますが・・でも出来るだけ笑ってお祈りしますね・・♪

NAME:mom | 2007.10.15(月) 18:31 | URL | [Edit]

 

松蔵姉さま・・

会社で訃報を知ったんですねぇ・・・それは、涙をこらえるのがとてもつらかったでしょね・・
ワンと一緒にくらしていれば、そしてその子がラブなら・・
お会いしたことはなくとも同じ犬種育ての苦労と愛しさを知ればなお・・
慈しみ育て、自分を追い越し老い行く愛しいわがワンコがお空へ召される心の痛みが
どれほどのものか・・ほんとうに胸がつまりますねぇ・・
松蔵姉さまのようにご経験があればその思い出もまたよみがえるでしょう・・
だからこそ・・先輩ワンコとママに教えられたことをしっかりと実践せねばないませんね!
「毎日毎時間、毎分毎秒・・一時も忘れることなく・・
私たちだけがたよりの大事な我が家のワンにたゆまぬ愛を送り続けること」を・・
お仕事今日もお忙しいかな・・?でももし時間があったら・・
ぎゅ~~っと松蔵君とピース君を抱きしめに行ってくださいね♪

NAME:mom | 2007.10.15(月) 18:21 | URL | [Edit]

 

momさん、実は私もここ1週間涙が止まらないのです。
なぜなら、ずっと好きで通っていたブログのわんちゃんが
1週間前に虹の橋を渡ったからです。
なんかせつなくて、かなしくて
あったことも無いのに喪失感がおおきくて

江原さんの本よんでみようかな・・・
でもまた思い出してないてしまいそうだな・・・
魂は不滅だとおもっていても
ブログをたずねても新しい写真をもうみることはない
という現実に喪失感がぬぐえない
ブログでしか知らないわたしがこうなのに
飼い主さんの悲しみは計り知れない・・・

今はまだ悲しくて読めないけど
こんな本が出てるって教えてくれて
momさんありがと!
江原さんの本すきなんですが
こんな本が出てるって知りませんでした。
しかし、江原さんがラブラドールを飼ってるなんてびっくり!
ラブラドールってなんか人間っぽいですよね。

momさんに素敵なこと教えてもらったの2回目です。
1回目は「犬を飼うって素敵ですか?」とかいう
役所のパンフレット。
あれ読んで感動して泣いたのを憶えています。




NAME:くーみん | 2007.10.15(月) 16:04 | URL | [Edit]

 

momしゃんへ

momしゃんのリンクを通してウィリー&ブラッキーの様子は時々覗いていました。
でも、ウィリー君がお空へ行ってしまった事はmomしゃんのブログで今知り、仕事中なのに目が真っ赤になっちゃった・・・。
ご家族は今までの楽しかったり大変だった思い出があればあるほど寂しいだろうなぁ・・・。

我が家もチロ(柴)ちゃんが16歳10ヶ月でお空へ行ってしまった時は、ちょうど私が嫁に行く1ヶ月前で、両親は同時期に娘2人が手元から遠くに行ってしまったという事で、落ち込み方は半端でなかったです。
私にとっても小学校2年生の時から生活を共にしていたので、横になると知らない内に涙が出ていました・・・。

急に松蔵に会いたくなっちゃいました(涙)

NAME:松蔵の姉 | 2007.10.15(月) 14:22 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 
Copyright © 2017 sigh-CINDY・・・最新day・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。