FC2ブログ
管理画面
sigh(サイ)・・それは「溜息」を意味する言葉、毎日を溜息と共に黒ラブCINDYとすごすCINDYMOMの日記的Blog・・
 

 

 
昨日はシンディの春の健康維持強化日でした♪
採血、耳そうじ、肛門腺ケアと各種触診で・・
かなりお疲れの様子・・
422a07.jpg
帰ってきてからベロだし爆睡(^^)
爪切りと足裏バリカンもお願いしたら・・
422b07.jpg
なんかちょっと坊ちゃん刈りみたいで笑えるっ!
422c07.jpg
「血液検査」も「んこ・しこ検査」もほぼ問題なし♪
フィラリアも陰性で肝機能のまずまずだったので
↓これも処方してもらいました♪
422d07.jpg
・・・っといつもなら胸をなでおろしてよし!だったんだけど・・

シンディもそろそろシニア・・
昨日は「うるさい飼い主」と思われるのを覚悟で
先生にいろいろとぶつけてみた・・
 

more

まずはワクチン接種のこと・・

シンディは関連性は確認できないものの狂犬病接種をすると
痙攣する傾向がかなり強いので、法律を破るのは本当は嫌だけど
飼い主判断で接種を見合わせてますが・
そのことでドッグランや公共の宿、沢山のワンコの集まる場所には
連れて行かないようにしています・・

任意のワクチンはウイルス感染をしやすい環境にいればいるほど
接種する意義は大きいけれど、シンディのような生活をしている場合は
ワクチンを打つ必要はほとんどないのでは?というのが
私自身の考えとしてあって・・・

でも、獣医さんとしては大きな収入源である「ワクチン接種」・・
やっぱり一年一回をごり押しされちゃうかなぁ?なんて思いながら
先生に相談したら・・・
「年齢もあるし、生活環境も狭まっているのであれば今後は
 接種の種類を減らしたり、年数を延ばしたり、接種を見合わせたりも
 念頭に入れながらやっていきましょ~か?」
っと・・・

実は先生・・狂犬病に関してもうるさくおっしゃらない・・
「狂犬病こそ任意でも」との考えをお持ちなのだけど
やはり「日本の獣医師」の現状を考えると
それは大きな声ではいえなくって・・・
っと・・これもとても正直・・私的には高感度ア~~ップ!!♪

そしてもうひとつ・・とっても心配なことを相談・・
それは「白内障」のこと・・・
最近、毎日見つめられるシンディの目が若いときに比べると
ほんの少しだけど「くもり」を感じるような気がして・・

夜、バス停にC父をお迎えに出ても
遠くからバスから降りてきたC父を見つけることができるし
もしかしたら私の取り越し苦労かもしれないけれど
先生も「初めて来たころよりはやはり少しきてるかも・・」って・・
次回、少し詳しく検査して、もしものことがあれば
予防の点眼薬やサプリも検討することになりました♪

そして・・聞き忘れたことがひとつ(--;)
それは「がん検診」のこと・・
これは次回必ず聞かなくっちゃ!
このところ、お友達ワンコを「ガン」で亡くすことが続いていて・・
検診は万能ではないかもしれないけど
ガンは進行するといろいろな症状や痛みでシンディを苦しめるから・・

私はとにかく・・とにかく・・とにかく!!!
シンディがいつも安らかで、苦しくない、楽しい犬生を送ってほしい。
そのために私ができることは、
シンディが彼女の犬生を精一杯楽しめる健康を
保ってやることぐらいだとおもっています・・

血液検査の採血も何度もさせるのはかわいそうだから、
採血するときにいろいろな検査を一気にしてやれたら・・って
そう思ってます・・

ワクチンのこともなんでもそうだけど・・
どんなにとうとうと獣医さんの意見を聞かされ押し付けられたとしても
最終判断を下すのは「飼い主」。つまりシンディにとっての「私」。
自分の体のことに判断を下すときのように
どうするのが一番いいのかをしっかり見極めなきゃ~ならない・・

どんな判断を下しても少なからず後悔はあるから・・
せめて・・

「そんな方法があるとは知らなかった」と
「その治療をするお金がない」

だけはないようにしたいと思ってます♪

そして・・これからは・・
検査は半年に一回にしようと思ってます・・・
これから一気に加速が早まるであろうシンディのエイジング・・
母も気合を入れてつきあわなくっちゃ!


っと・・誓いを立てた一日でもあった昨日・・



(ご意見・ご感想はBBSへ♪)


**mom-oboegaki**
「結局ワクチンって何年に一度打てばいいの???」
「AAHA(米動物病院)のワクチンガイドライン」
「シンシア動物病院(倉敷)ニュースレター」

 

 
Copyright © 2020 sigh-CINDY・・・最新day・・・, all rights reserved.