管理画面
sigh(サイ)・・それは「溜息」を意味する言葉、毎日を溜息と共に黒ラブCINDYとすごすCINDYMOMの日記的Blog・・
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
シンディは今日も元気でした♪
今日は母1人で面会に行ったので、
母になでながされながらも時々ドアの方を見て「父は?」との訴えあり(笑)
卯年の父娘は本当に仲良しでございます・・

退院は明日、最終検査をクリアできれば8日にできそうです♪
明日にでも連れて帰りたい気持ちでいっぱいでしたが
先生が「念のためもう一日様子を見させてください」とおっしゃったので
ぐっと我慢(TT)・・急がせて何かあったら困りますから。

とにもかくにも退院の目途がついて、ほっとしています・・♪


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 

more

人生で初めて一緒に暮らしたワンコ・・シンディ。
どう育てていいかも分からなかった私ですから
シンディは「育てる」存在でなく、一緒に「成長する」存在。

しつけ、ご飯、遊び・・試行錯誤しつつもなんとか11年。
これからもしばらくはシンディとの平穏な暮らしが続くものと
高をくくっていました・・

今回のことも、
「女の子にありがちな加齢による泌尿器疾患だろう・・」と
大学病院に行って検査を受けている間もずっとそう思っていました。

先生から呼ばれて
「腫瘍です。いわゆる・・ガンです」と言われた時
なんだか、夢を見ているようでした。現実とは思えませんでした。

でも逆に、夢の中でだれもが現実にはできないことができるように
先生からのこれからの治療法の提案にも
しっかりと耳を傾けることができていました。

C父も同様でした。
いつもなら私に「どうする?おれはどっちでもいいけど・・」ばっか言うのに
最善の方法を即断してくれました。

先生は、放射線や抗がん剤の治療でなく
外科的手術が最善であると提案されました。

この時私は、「悪い部分が取り去れる可能性があるんだ!」と
ポジティブに気持ちが働きました。
できるだけガンをやっつけましょう!というのでなく
ガンを取り去れる可能性があるんだと・・

提案された方法は3つ。
「尿道にできた腫瘍のみの切除」
「尿道と浸潤の可能性のある膀胱の部分切除」
「尿道と膀胱の全摘出」

できることなら・・体にあるべきものは残したい。
でも、残すものが多いとそれだけ再発の可能性が高くなります。
そうなると、シンディはまた開腹手術を受ける可能性も高くなります。

膀胱を取ってしまうと尿がずっとぽたぽたと出た状態になり
室内でおパンツをはくことになります。
尿道や膀胱の一部の切除であれば今まで通りの排尿ができるといわれましたが
絶対に尿が漏れないともかぎりません。

私たちはシンディにとって一番いいのはどれかと瞬時に判断しました。

シンディはパンツを嫌がりません♪
私たちはもちろん、日に何度かあるおパンツ交換はへっちゃらです♪
シニアになればいつかは「おパンツ娘」になるかもと覚悟もできていましたから
おパンツのことは問題ありません。
でも、つらい検査や手術、そして入院はもう2度と嫌。

たとえ全摘出したとしてもまた検査や手術があるかもしれない。
だけど、何かを残した時よりリスクは少ない!先生も同じ意見でした。

おパンツをはいたり、清潔を保つために何度も拭いたり・・
大変かもしれないけど、それでも一緒にいられる♪
一人ぼっちで寂しく入院生活をさせるよりもずっとずっといい♪

シンディは、一緒に楽しく過ごすために私たちの子になったんですから・・
どんな形でも私たちのそばにいる時間を大事にしてやることこそが
私たちの使命だと・・そう思います。

今回の治療で、私たちはシンディが膀胱全摘出をする前のシンディと変わらず
彼女の命を全うしてくれるものと信じています。
むしろ、臓器の一つや二つなくてもご長寿犬になれることを
シンディが証明してくれると思っています。

ってかね。
入院中のシンディが先生や他の患者さんに迷惑をかけてないか心配で
どんな風に過ごしてるか聞いたんですが・・
先生曰く
「おりこうさんですよ♪
 ケージに入っている時は吠えることもなくゆっくり過ごしてます。
 散歩のときはそれはもう大はしゃぎですが、ちゃんと歩調を合わせて歩きますし
 ご飯もお母さんの手作り、病院食、えり好みなくよく食べてくれるので
 手がかかりません。」・・だって(・・?)

別犬かっ?(爆)

こんな世渡り上手にだれが育てたんだか?・・・あ?私か?あははは~~

だから、膀胱を取ってもたぶん、うま~くなんとかやってくれると
信じているんです♪

いろいろな病気を患って
治療方法に選択肢がない子もいるでしょう・・
近くに必要な治療を受けられる施設が整った病院がない場合もあるでしょう・・

最善の治療方法を話し合い、即時実行に移し
入院生活の不安でいっぱいのワンコに心をよせ、大事に扱い
父母にも丁寧に受け答えをしてくださる病院にかかれた私たちは運が良かった。

いえいえ・・ぜ~んぶシンディの「ミラクルパワー」・・でしょうね♪にゃは♪

 

 
Comment
 

なす姉さん♪

なすび姐御がミラクルをおこし・・
めるもミラクルをおこし・・
みならってシンディもミラクルをおこしてくれました♪
ほんとうにほんとうに嬉しいです!!
べったりといつもいっしょにいる時とはまた違うきもちで
シンディの存在の大きさを感じているところでございます!
一度も、手放したことがないことが
かえってシンディ自身に「置いていかれる」という概念を
なくさせたのかもしれませんね??
今回は長い「待て」でしたが、
やっぱりちゃんと父母は迎えに行きますから♪
シンディも「いつかは迎えに来る」と思って
信じてくれていたのだと思います♪
うんちの具合をみつつ少しずつになるとは思いますが
おいしいものをたくさん食べてもらいたいです~
おもちゃもたくさん用意しました!
喜んでもらえるといいなぁ~っと父母、期待満々です!
見守っててくださってほんとうにありがとうございます♪
がんばりま~~す!

NAME:mom | 2010.12.07(火) 18:02 | URL | [Edit]

 

No title

お誕生日前に退院できそうだ~。
すごく嬉しいです!
momの文章から、強い強い愛情を感じる~。
シンディもきっとそれを感じて、
信じているからこそ、
病院でいい子にできたんだよね!
美味しいご飯いっぱいもらって、
楽しい誕生日を過ごしてね~。

NAME:なす姉 | 2010.12.07(火) 16:39 | URL | [Edit]

 

ともこさん♪

ん?反対だよ~~!めるがミラクルだから
シンディがあやかって「ミラクルシンディ」と命名したんだもん!
めるは大したもんだぁ~~♪
先生が「大きな目標」だとおもってた
「クリスマス」や「お正月」を見事にクリアしよう!っていうんだもんね~♪
先生の視野には「お花見」まで入ったんだ(@@)
手術してから1年もクリアできるかもってことだしょ!
13歳だっていけるかもだし!なにがあるかわからないよぉぉ!
「ガン」なんて聞くと
転移して、進行して、もうだめ・・って思っちゃうけど
そうじゃないこともい~っぱいあると信じて!
ナチュラルキラー細胞を増やすべく
ストレスなく、食べたいものを食べて・・
なによりNK細胞を活性化させる項目で私が一番注目してるのが
「笑う」ってことなんだ~♪
楽しいことい~っぱいすると、ガンをい~っぱい殺してくれるんだって!!
楽しいことすればするほど治癒につながるんだもん!

NAME:mom | 2010.12.07(火) 15:30 | URL | [Edit]

 

ゆみさん♪

えぇぇ?アンリがぁあ?マイロじゃなくって??
ふうむ。意外と家ではすこし心配なやつのほうが
世渡りは上手なのかもねぇ・・
シンディもほんとに別犬ですから(--;)
面会して、ケージに入る時にも
「ハウス~」というと入るんだよ~(笑)
習性っておそろしいわぁ~にゃははは~
手術前に8日には退院できますよと先生はおっしゃったけど
でも、手術してみたらいろいろあって・・なんてことも
なきにしもあらずだから・・
本当に誕生日前に帰ってこられるか心配だったけど
しっかり予定通り!10歳最後の日にカテーテルも取れて
膀胱もとっちゃって、すっきりして(?)帰ってきます♪
9日は2度目の「1」歳を始めるシンディです♪

NAME:mom | 2010.12.07(火) 15:24 | URL | [Edit]

 

ちびママさん♪

ぬぉぉ!お近くにお住まいだったんですねぇ!!
くぅ・・おしい。
シンディの入院中は面会が終わるとブラブラしまくってたんですよ~
ちびママさん家のかわいいワンズのお散歩に遭遇できればよかったのにぃぃ・・
明日、退院しちゃうんですよぉ~残念!
でも、定期健診などで幾度か行くことになると思いますので
もしかしたら会えるかも~~♪きゃぁ~♪(ばか)
シンディの妹犬のあみちゃんは2歳年下なのですがシンディとは比べ物にならないくらい何度もの手術に耐えてきたガンバリ屋さんで・・
あみちゃんのママは本当に手を尽くしていろいろな病院にかかってらっしゃるので
今回の麻布のことも「とてもいいし、安いし」と進言してくださいました。
この進言がなければいろいろ迷っていたかもしれません。
病院の評判はかかった人に聞くのが一番ですものね♪
だから、もしも!万が一!koroちゃんたちに高度な医療が必要な時は
・・・うぅ。確かに平日のみはきついですが・・
麻布、お勧めいたします!
全幅の信頼を置いてかかった病院でしたから
先生から最善の治療法を提示されたときに即答できました♪
私たちは、本当にいろいろな方に助けられて今があります。
ブログを読んでたくさんの励ましをくださるちびママさんをはじめとする
ワン友さんにも本当に支えられています♪
ありがとうございます!!

NAME:mom | 2010.12.07(火) 15:17 | URL | [Edit]

 

No title

予定通りに退院できそうでよかったね~~♪
お誕生日もおうちで迎えられるしね♪

シンディのミラクルにあやかって
めるにもミラクル付けました(笑)

がんばるじぇ!

NAME:ともこ | 2010.12.07(火) 14:32 | URL | [Edit]

 

No title

ミラクルシンディ~♪さすがだわ世渡り上手♪
わたしもアンリの去勢手術のとき
心配心配、、だって一人にしたことないもん、すごい泣き叫ぶかも迷惑かけるかも・・・
って思っていたら案外だいじょうぶだった
わたしたちが思っている以上にワンコは けっこうしっかりしているものですよね(笑)
シンディ~もうすぐお家だね!!
大好きなmomさんとぱぱさんと
楽しい誕生日を過ごしてね!!

NAME:ゆみ | 2010.12.07(火) 13:54 | URL | [Edit]

 

ホッとしています

シンディママのお話、胸にジーンときました。
病気を患ったワンコをもった飼い主さんは、これまた共通して本当にすばらしい考えを持っていらっしゃる・・・。
たぶん、病気を治したい、ワンコを大切に思う気持ちがグーンと人を成長させるのだと思います。
本当にいっぱい悩んで大変だったと思いますが、なんでもない私から見ればスゴイ即断!
誰かを心から想うってことはとてもすごいことなんじゃないかと。
対象がワンコにしても人にしても、誰かを想うということは一番人が素敵になれる源なんじゃないかと。
本当にミラクルレディのシンディちゃんはこれからもずっと幸せに過ごすでしょうね。
その未来が見えるようです。
麻布大学・・・。もしや・・・と思ったら当たってました。
実は私の家からもとっても近いんですよ。
うちのかかりつけの先生もたぶん麻布大学。そして麻布大学の徒歩3分ぐらいのところに病院を構えてらっしゃる。
うちもmikanの目のときに麻布大学を紹介して下さろうとしたみたいです。
ただ、他にも先生がいらっしゃったのと、私が平日の診療のみではきついということで今回は別のところを・・・。
そのとき、うちの先生があそこは他の病院から比べたら診療代も安いから・・・と言ってました。
その通りなんですね。

NAME:ちびママ | 2010.12.06(月) 23:19 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 
Copyright © 2017 sigh-CINDY・・・最新day・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。