管理画面
sigh(サイ)・・それは「溜息」を意味する言葉、毎日を溜息と共に黒ラブCINDYとすごすCINDYMOMの日記的Blog・・
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
浅田真央さん♪女子フィギア「銀メダル」おめでとう!!すごいなぁ~・・

名古屋にいたころ、
伊藤みどりさんや浅田真央さんが練習していたスケートリンク場から
自転車なら2,3分のところに住んでいて・・

ご本人を目撃したことはないけれど
小学生や中学生のスケート教室の生徒さんをよく見かけたものでした・・
もしかしたらあの中に真央ちゃんがいたのかな・・・?

とてもとても悔しい「銀」だったと思います。
生まれた年回りが違えばこんなに「金」を取ることに苦労しなかったと思います。

私の誇るべき小・中学校の後輩「イチロー選手」が言ってた言葉。
「本当にベストだったと思うためには、自分のみならず相手のベストも必要だ」
真央ちゃん・・ヨナさんがいない五輪でもし「金」を取っても喜びは半減したんじゃないかな??

判定の善し悪しについてはいろいろなご意見があるでしょうが
オリンピックの採点競技って他の競技会とは違ってやはり
ただ、技術だけを磨けば取れるというものでもないような気がします・・

トリノ五輪の時、荒川静香さんが「他の選手」の演技をみてジャンプの難易度をダウンさせ
その分全体を本当に美しくまとめあげたあの時の演技は
今回のヨナ選手にも通じるところがあったと思います。

ヨナ選手も含め他の選手が五輪直前まで時間をかけてコーチとともに過ごしたのに
真央ちゃんのコーチの方はその一番大事な時期に真央ちゃんのそばにいなかった・・
でも、そのコンディションで五輪に臨むことを選択したのはほかならぬ真央ちゃん。

はたして・・私が19歳の時にこれほど重要な判断をできたかな?
これほどの重圧に耐えずとも、何かを成し遂げるために一所懸命に生きてたかな?
そう思うと、個人の人生の成果が「日本 対 韓国」のような様相になってしまった
女子フィギアのあり方がなんだか悲しくなってもきました・・

今日の読売新聞の朝刊の「編集手帳」の堀口大学の一首
「はたちの日よきライバルを君に得て自ら当てし鞭いたかりき」
について書かれていることがイチロー選手の言葉と相まって、心に響きます。

真央ちゃん本人が言っているように「次」は必ず!
あなたには五輪を一度経験しても尚、それができる根性と若さが羨ましいほどにあるのだから・・・
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 
Copyright © 2017 sigh-CINDY・・・最新day・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。