管理画面
sigh(サイ)・・それは「溜息」を意味する言葉、毎日を溜息と共に黒ラブCINDYとすごすCINDYMOMの日記的Blog・・
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
610a09.jpg
超スローモードで何とか完奏を果たしつつある「テンペスト1楽章」
曲らしくなるのはいつの日か・・(TT)?


2009062F092F112Fd0098811_2333488.jpg

 

more

*************************

「習いたい」・・3歳の私がそういったらしい・・ピアノ。

うそだな。
だって、父の猛反対を押し切りまくって、子供のためにと
私が生まれる前からへそくり貯めてピアノを買ってたらしいから・・
宝の持ち腐れになるのを恐れた母の差し金だとず~っと信じている。

高校を卒業するまで先生について習っていたけど
ず~~っと、楽譜を読むのが苦手だった(--;)
未だにヘ音記号で書かれた楽譜はいちいち「C」の位置から数えて
音を読む始末・・(TT)

弾いてみたい曲は必ず音源を繰り返し聞いてから
「あぁ~この音は「D」なんだ~」とか・・そんな感じであとで楽譜を追う・・

40年も細々と続けて恐ろしく残念なレパートリーの曲数(--;)
バン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝を果たした
辻井伸行さんは耳で聞いて覚え、弾きこなす曲が100以上あるという・・
・・・・・・(--;)

ピアノって・・いろいろなものが総合されて弾けるもの。
だからといって何かが欠けたから弾けないものでもない。
目が見えなければ耳がそれを補うだろうし
指が短ければ鍵盤の距離感を測る勘がそれを補う・・

辻井さんは目が見えないのにピアノを弾いていることがすごいのではなく
辻井さん自身のテクニックや感性がすごいんだよねん・・
ラフマニノフのピアコン2は「のだめ」で随分と有名になったけど
辻井さんの弾くラフマニノフはすべるようになめらかで聴きやすい♪

ラフマニノフは2mの長身で指も長かったらしい・・
リストも見ればやはり細身の長身で指も長かったっぽい。
作る曲はおのずと彼らの指さばきを最大限に引き出すものになり
芋虫のような指の私には難解で超高度。

それでも、
フジコさんがあの・・失礼だが・・「ずんぐりむっくり」の指で繰り出す
ラ・カンパネラを聞くと、あながち、指のせいにもできないなぁ~っと。

要するに・・
何といっても・・
「努力」の2文字が私には欠けているのであ~る・・(--;)

おまけに・・
「根気」「忍耐」の2文字も欠けまくっている。

オクターブ以上の和音が出現すると
一気に練習への熱が冷める。
親指の付け根あたりを切って蛇腹を付けたくなる。

多小節にわたるトリルをつづけると
指が勝手にフリーズし、
1小節に16分音符が所狭しと並ぶと
気持ちが萎える(--;)

それでも・・
ピアノをやめてしまいたい!とは思わない。な~ぜ~?
・・・・・それは。
聴くのより、断然、自分で奏でるほうが。なんちゅ~か。
幸せな気分になれるから・・

そういうところ・・
母は見抜いていたのかもしれないな~と
最近そう思ったりします。

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 
Copyright © 2017 sigh-CINDY・・・最新day・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。