FC2ブログ
管理画面
sigh(サイ)・・それは「溜息」を意味する言葉、毎日を溜息と共に黒ラブCINDYとすごすCINDYMOMの日記的Blog・・
 

 

 
今日、シンディに面会に行ってきました♪
ええと・・書いていいのかどうかわかりませんが
C父も仕事を抜けて会いに来ました(@@)そんなにゆるい会社なのか?ううむ。

先生に「どうですか?様子は?」と聞くと「元気ですよ~♪」といわれたので
会う前にちょと一安心・・

入院している部屋に行くとエリカラをされて、伏せて、
上目づかいに行きかう看護師さんたちを見つめている
「すねすねモード」のシンディが見えました(笑)

でも、見た感じ元気がなさそうではなくって
看護師さんたちに訴えかけてる・・
「ちょっとぉ~うちの父ちゃん母ちゃんどこいったのよぉぉ・・
                 ったくぅ・・電話してよんでよ~」
な感じ(笑)

父母が目の前に立ったのに気づかない・・
いつもの散歩服でなく父はスーツ、母もよそいきのお洋服をきていたので
一瞬誰かわからなかったようです(えぇぇ???)
起き上がりもしねぇ~~(ーー;)


二人で「シンディ?」と呼ぶと
「・・・・・?・・!!!!」とシッポブンブン!

ケージのドアをガリガリガリ~!!!
「だせぇ~~こるぁぁぁ~~!!」

そのうち
「ひゃん!ひ~ん!帰るぅ~~!」

父母、ほんの5分で部屋からでる(--;)
だってカテーテルが抜けちゃいそうで怖いしぃ、
それにあんなに泣かれちゃ、後ろ髪ひか・・れない・・ん?

姿がみえなくなったらすぐに泣きやんだ(@@)
・・・・あきらめ・・はやっ!

ってなかんじで、明日は予定通りちゃんと手術ができそうです!

わたくし・・見学するつもりでおりますが
貧血がおきて、シンディじゃなく私が看護されないように頑張ります!

 
スポンサーサイト



 

 

 

 
シンディの今回の症状についてブログにアップさせていただいてから
たくさんの方にコメントをいただいたり、メールや電話をいただいたり・・
とっても励まされています・・感謝・・ただ感謝です・・

昨日、麻布大学の付属動物病院のほうにかかり
この頑固な泌尿器系の症状の原因を探るべく
専門の先生にあらゆる検査をしていただきました。






最終診断は「尿道腫瘍」・・・ガンです







膀胱のことばかりを考えていました。
尿道について少し前から、かかりつけの先生に
専門的な検査を受けるよう進言されていましたが
病院嫌いのシンディのストレスのことばかりに頭を取られ
避けて通りたいと思った「私」の判断ミスです。

尿道にできた腫瘍を取り去るだけの方法もあるそうです。
実際、膀胱はとてもきれいな状態。
でも、この先、万が一取りきれなかった細胞がのこれば
また、開腹して・・手術。

今の最善の方法は「膀胱の全摘出」・・とのこと。


即断して、即入院をさせ、明日手術です。


我が家に迎えてから
不妊手術のときの1日の入院を除いて
ただの一度も私のそばから離したことのないシンディを
一週間も入院させねばなりません・・




「もっと早く気付いてやれば・・・」
何度も思いました。
でも、そんな実りのない馬鹿な後悔はする意味もない。


それに・・
やっぱり彼女はミラクルで。

退院は遅くても12月8日。
12月9日の11歳の誕生日は
ちゃんとおうちで迎えられるようで・・
なんだか図ったように
入院と手術を自分でお膳立てしていました(笑)

シンディは・・こんな「ばかっ母」を許してくれるでしょうか・・
もうほんとうに自分が情けない。

彼女は
「私がいないとどんなに寂しいか思い知りなさ~い!」とばかりに
父母に彼女の存在の大きさと大事さとかわいさといとしさを・・
何もかもをあらためて深く深く考えてる時間を与えてくれています。

なにもかも手遅れで、尽くす手がなく、取り付く島もないという
最悪の状況をかろうじて避け、
彼女の強運を使い、悪い部分をしっかりと取りされてしまえば
彼女はまだまだこれからも「おパンツ娘」にはなるけれど
私たちと一緒に楽しい年月を過ごしてくれる希望をたくさん残してくれています。

ほんとうに、ほんとうに、
わたしたちのような「ばか父母」には過ぎたワンコ娘だと思います。

1人でいると、馬鹿みたいに涙がでてきますが、
この一週間は毎日お見舞いにいって・・・
ゆめゆめ無為に過ごすことなく、


帰ってきたら即「11歳」になるシンディのためにたくさんプレゼントを用意し
これからのおパンツ生活のためのたくさんのおパンツの尻尾穴をあけ
シンディとたくさんお出かけをするためにペーパードライバーを克服し
病気に勝つ体をつくるためにたくさんの・・たくさんの勉強をします。



ただひたすら・・
こんな母がする小さく無力な努力でも
シンディ自身の犬生を最後まで楽しく過ごすことに役に立つなら・・

その努力、惜むべからず。
今はそれだけを考えています!!




 

 

 
Copyright © 2010 sigh-CINDY・・・最新day・・・, all rights reserved.